作りたい曲への近道、耳コピ

   

 

耳コピをする事でのメリット

 


 

メロディやコードが体感できる

 

耳コピをして演奏をする事で、

リズムや、メロディの作りが見えてきます。

 

耳で聞いたのと案外違ったりすることもあります。

 

そこで得た体験は、

いわば作曲者の演奏・打ち込みを実体験することになります。

自分の作曲の糧になります。

 

キーが見えてくる

 

使う音と使わない音が見えてくる様になります。

 

例えばピアノの鍵盤であれば、

ドから次のドまで、12個の鍵盤がありますが、

実は、1曲の中では7個しか使われていない事が見えてきます。

 

イ長調、とかホ短調とか、小学校の時に聞いたことはありませんか?

“キー=調”という作曲の土台となるルールがあり、

そのルールのうち、どの調が適用されているかによって、

使用する音階が変わります。

 

視覚化できる

 

例えばDAWを使っていれば打ち込みとして、

楽器であれば、動画として撮る事で、

その演奏の動きが視える様になります。

 

人の記憶のソースは90%が視覚によるもの

とも言われています。

 

目に視える形にする事で、

より、曲への理解が深まります。

 

耳コピをするコツ

 

 

曲を聴く時は目を閉じる

 

これは実は先ほどの裏返しなのですが、

人間の感覚は思ったよりも、視覚から情報を得てしまいます。

 

なので、一番の情報源である資格をシャットアウトする事で、

音をより深く聴く事が出来る様にします。

 

 

一つの楽器に注目する

 

色んな楽器を漠然と聞いていると、

それぞれの楽器の見せ場で気が逸れてしまいます。

 

なので、1回の再生で聴くのは一つの楽器だけ

と決めて再生し、

再生するごとに楽器を変えていく事で、

曲の楽器一つ一つの演奏を理解する事が出来ます。

 

 

A-Bリピートがあれば最高

 

皆さんはA-Bリピートという機能を知っていますか?

 

ソニーのウォークマンの隠れた代名詞とも言える機能なのですが、

曲の再生途中に自分でAポイントを決め、

次にBポイントを決める事で、

永遠にAとBの間の部分を再生する事が出来ます。

iPhoneでもタノシノなど、

同様の機能を使用できるアプリもあるので、そう言ったものを使うのもありです。

 

 

 

 

音楽家の中にした事が無い人はいない、

とまでに重要とされる耳コピ、

作曲をしたい!という方は是非挑戦してみてください(^^

 

 

 - DTM/DAW, お役立ちワザ, 作曲