迷ったらこれを聴いておけベストテン#1

      2017/04/24

 

こんにちはRYUです。

 

今日は、僕の独断と偏見で

「迷ったらこれを聴いておけベストテン」

をご紹介します(^o^/

 

 

Steve AOKI

 

まずはお祭り野郎、Steve AOKIから。

 

Afroki

 

 

盟友Afrojackとのコラボソング。

 

この未来感、この何かが迫って来る緊迫感。

大好きです。

 

 

Martin Garrix

 

やっぱりマーティンギャリックスといったらこの曲!

シンプルなのにドンドン来るこのドロップを聴け!

 

   Animals

 

 

Afrojack

 

正直好きな曲がありすぎて迷います。

 

彼の成功を決定付けた、かっこよすぎるこのナンバーをご紹介。

 

 

Take Over Control

 

「私はあなたのもの」というテーマに進む歌詞はなかなか過激内容。

 

気になった方は和訳で検索してみて下さい(^^;

 

 

ZEDD

 

中高生に人気のZEDDからは、

Matthew Komaとのコラボソングで、

程よい低音感が気持ちよく、世界観に包まれたくなるナンバー。

 

Spectrum

 

 

Calvin Harris

 

日本人でも思わず

「We”lol Be Coming Back for you one day」と口ずさんでしまう、

ドロップが最高な1曲。

 

We”ll Be Coming Back

 

 

KSHMR

 

彼の曲も大好きなやつばかりなので、迷いました。

その中でも彼の世界観が分かりつつ、重量感もスゴいこの曲。

 

MEGALODON

 

 

Kygo

 

癒し系DJ、トロピカルハウスの牽引者であるカイゴ。

 

彼の曲から僕が1曲選ぶとしたらこれですかね。

 

どちらかというとチルアウトっぽく、

どこかもの悲しげだけど、

乗りやすい特徴的なドロップが頭から離れません。

 

Firestone

 

 

Nicky Romeo

 

最高にかっこいいこの曲をご紹介。

 

Novell

 

実は1曲を通して同じモチーフ(その曲の主題となるメロディ)を使用しています。

 

メロディは変わってないのに、

雰囲気がどんどん変わっていき、気づいたらドロップ。。。

 

 

それだけこのメロディの完成度が高いと言う事。

やばすぎる。

 

 

The chain somorkes

 

今最も勢いのあるトロピカルハウス系デュオ、

チェインスモーカーズからこの1曲を紹介。

 

Closer

 

Coldplayの歌声ともマッチした”Something just like this”もおすすめ!!

 

 

Hardwell

 

最後にご紹介するのは、

5月に来日が決定しているhardwellからこのソング。

 

RUN WILD

 

前半はシンセの音が気持ちいいと思ったら、

ドロップはセンセーショナルで脈動的。

 

とてもカッコいいです。

 

 

最後にこのベストテンの曲を

いつでも聴けるようにspotifyのプレイリストにしたので、

良かったら使って下さい!!

 

 

 

以上、

「迷ったらこれを聴いておけベストテン」でした!

 

 - DJ, EDM, アーティスト紹介, 曲紹介