Logic proのレイテンシーが激しい場合

      2017/04/02

こんにちはRYUです

今回はLogic proで、でMIDIキーボードに入力してから、音が鳴るまでに時間差がある場合、

つまりレイテンシーが高い状態になっている場合の対処法をご紹介したいと思います。

 

 

「I/O バッファサイズ」を小さくしてみる

 

まず試して貰いたいのは「I/O バッファサイズ」を最小まで小さくしてもらう事です。

「I/O バッファサイズ」とは、データのやり取りの仮置きをしておく所の大きさを選択する設定で、

この数値が大きければ大きいほど、データ量が大きい分、やり取りをする為の時間が長くなり、

高レイテンシーに繋がります。

 

 

設定は

「環境設定→オーディオ→デバイス」と辿り、下記の様な図面を出して上から四番目の項目になります。

 

 

「プロセス・バッファ・レンジ」を大きくする

 

2つ目の対策として「プロセス・バッファ・レンジ」を大きくする事です。

 

「I/O バッファサイズ」とほぼ同じ設定ですが、こちらは仮置きに置いたデータを取りに行く頻度の事を言います。

電車でいうと時刻表の頻度でしょうか。

 

設定は

「環境設定→オーディオ→デバイス」と辿り、下記の様な図面を出して上から八番目の項目になります。

 

最終手段、低レイテンシーモード

 

3つ目の対策として、低レイテンシーモードを使用する、という方法があります。
こちらは、エフェクトなどを、録音用に処理して出来るだけレイテンシーを下げるという画期的な機能です。

 

設定は、「環境設定→オーディオ→一般」と辿り、「プラグインのレイテンシ」の中にある「低レイテンシーモード」を洗濯します。

すぐ下の項目である「上限」は、問題がなければ最小の「0」msに設定しておきましょう。

 

 

 

ただし、この「低レイテンシーモード」には弱点があり、

この機能をONにしていると、

自分が選択しているトラックの音質が著しく変わってしまいます。
音質が変わっている際は、音量が小さく聴き取りづらくなったりして、録音しずらい場合もあるので、

録音時以外は、OFFにしておく事をお勧めします。

Logic proのコントロールバーにOn/Off切り替えのボタンを配置しておけば、楽に切り替えも出来ます。

 

ちなみに設定は、再生ボタンの左らへんのグレーになっている余白の部分で副クリック(右クリック)を押し、

「コントロールバーとディスプレイをカスタマイズ…」という項目をクリック。

そうすると、下記の様な画面が表示されるので、一番左の欄にある「低レイテンシーモード」にチェックを入れます。

そうすると、コントロールバーに下記の様なボタンが追加される様になり、瞬時にOn/Offが行える様になります。

 

 - お役立ちワザ, 作曲