EDM×リンキンパークの軌跡

   

 

 

こんにちはRYUです。

今回は大人気ロックバンド

リンキンパークとEDMのアーティストがコラボ曲を紹介したいと思います。

 

 

A Light That Never Comes -Linkin Park x Steve Aoki-

 

 

 

リンキンパークとスティーブアオキのコラボ曲。

 

スタートから非常にノリの良いドラムパターンと、

リンキンパークボーカルのマイク・シノダのラップで気持ちよくスタート。

 

全体を通して、メタルバンドらしい重厚なサウンドと、肉厚なドラムで、

音圧バリバリでカッコイイ1曲。

 

チェスター・ベニントンによる、ボーカルのメロディラインも非常に印象的。

 

 

 

Darker Than Blood -Steve Aoki feat. Linkin Park-

 

 

こちらはスティーブアオキの楽曲にリンキンパークがコラボした形の1曲で、

サウンドは”A Light That Never Comes”と比べると非常にエレクトロ寄り

 

非常に分かりやすいドラムパターンと、

スティーブアオキらしい未来感溢れるサウンドメイキング、

マイク・シノダのボーカルが非常に上手くマッチしています。

 

ビルド部分のボーカルは耳から離れない傑作メロディ

 

 

 

 

Heavy(feat. Kiiara) – Nicky Romero Remix

 

 

 

リンキンパークの最新シングル”Heavy”を、ニッキーロメロによりリミックスされた作品。

 

原曲よりもやや派手になっており、テンポも早め。

 

ドロップはニッキーロメロの独壇場といった感じで、

リンキンパークの楽曲をEDM寄りに上手く料理しちゃってます!

 

人によってはこちらの方が好きかも??

 

 

 

Numb/Encore -Linkin Park & Jay Z-

 

 

 

ジェイ・ズィーとのコラボ。

 

非常に分かりやすいヒップホップ調となっています。

 

サウンド面はストレートなバンド調というよりは、

ややアンダーグラウンドでクールな雰囲気。

 

余談ですがジェイ・ズィーの奥さんはビヨンセです。

 

 

 

いかがでしたか?

リンキンパークは今年5月にニューアルバム”One More Light”をリリースし、

その内容がジャスティンビーバーなどを彷彿とさせるエレクトロポップ調であったことから、

旧来のファンを驚かせたのは記憶に新しいところですが、

こうしてみると以前よりエレクトロのアーティストとの親交も深かった事が分かりますね。

 

人によっては意外にも、納得できる流れかも?

 

 

今回ご紹介した楽曲をSpotifyのプレイリストにまとめました。

良かったら聴いてみてください!!

 

 

今回は以上です。

 

 - EDM, 曲紹介