KORG nanoKEY2をオススメする3つの理由

   

 

こんにちはRYUです。

音楽、楽しんでますか?

 

今回は僕が愛用する、超ちっさいMIDIキーボード、コルグ・ナノキー2(KORG nano KEY2)をご紹介したいと思います。

 

これ、非常にオススメです。

 

なぜ、オススメなのか。

その理由を3つに分けて、ご説明します。

 

 

RYUがnanoKEY2をオススメする3つの理由!

 

1.持ち運びに便利!

 

このMIDIキーボード、とにかくサイズが小さい!

 

比較としてiPhone6sと並べた画像を用意しました。

 

長さ


nanoKEY2の325mmに対して、6sは138.3mmなので、長さは2倍ちょっと(2.3倍)。

 

厚さ

画像では3倍ぐらいありそうに見えますが、

nanoKEYの16mmに対して、6sは7.1mmなので、厚さも2倍ちょっと

 

 


nanoKEYの83mmに対して、6sは67.1mm。

幅は1.2倍ぐらい

 

 

iPhoneほどではありませんが、MIDIキーボードとしては非常に手軽なサイズ

 

カバンの隙間や、PCケースのポケットなどにも入り、

ノートPCと組み合わせて、いつでもどこでもDTMが始められます。

 

 

 

2.ちっちゃいのに高機能!

 

nanoKEY2には鍵盤の他に6つのボタンが付いてます。

 

 

オクターブシフト、サステイン、ピッチベンド、モジュレーションといった最低限の機能は、6つのボタンになって搭載。

 

そして極め付けは、この鍵盤、ベロシティ対応です。

 

 

3.超お手頃価格

 

これだけ便利なのに、実勢価格はAmazonで¥3300です。(2017年8月現在)

色は黒と白の2色から選べるので、お手持ちのPCに合わせてお好みで。

 

 

さらにさらに

 

nanoKEY2の凄さはここで終わりません。

 

兄弟機のnanoPAD2でパッドプレイを、

KONTROL2でフェーダーやノブなどをコントロールさせる事も出来る様になります。

 

 

全て組み合わせると下手なMIDIコントローラーより高機能になります。

 

外出先でこの環境が整うって正直スゴイ。

 

 

その他にも純正ソフト“KORG KONTROL Editor”によるカスタマイズや、バンドルされたシンセサイザ・DAWiPadとの接続などなど、小さなボディに魅力がいっぱい詰まったnanoKEY2

外出用としても、お家用としてもとっても優れた商品です。

 

コンパクトで機能的なMIDIキーボードを探していた方は是非!!

 

 

 

 - DTM/DAW, 機材紹介