【感想付き!!】アフロジャックのオススメ5曲

   

 

こんにちはRYUです。

今日は、アフロジャックのおすすめ5曲を感想付きで紹介します(^^

 

 

Do Or Die

 

 

アメリカ・ロサンゼルスのロックバンドThirty Seconds to Marsの同名曲のリミックス。

「やるかやらないか」という内容の歌詞と、それにマッチしたドロップのマッチが、

心情をよく表していて大好きです。

 

 

 

SummerThing! ft. Mike Taylor

 

カラッとしたギターリフが引き立てる明るい曲調は、

題名の通り夏に聞きたいポップチューン。

 

 

 

Ten Feet Tall (Lyric Video) ft. Wrabel

 

10フィート(304.8cm)の大男の悩みを歌った曲。

6.8フィート(208cm)の身長を持つアフロジャックだからこそ作れる曲なのかもしれませんね。

綺麗なピアノの音色は、ボーカルを録ったWrabelが演奏しています。

 

 

 

Gone ft. Ty Dolla $ign

 

アメリカのラッパー、タイ・ダラー・サイン(Ty Dolla $ign)をボーカルに迎えたこの曲は、

軽快なテンポで紡がれる歌う様に流れるラップが特徴です。

 

 

 

 

Turn Up The Speakers

 

マーティンギャリックス(Martin Garrix)との共作であるこの曲は、

何と言ってもパンチのあるドロップ(サビ)が特徴!!

また、何度もサビが来るので、クラブで流れた際にも踊りやすいダンストラックとなってます!

 

 

 

 

 

The Spark ft. Spree Wilson

 

徐々に上がっていくコード感と、

乾いたギターの音が爽やかな、夏のオープカーで聴きたいトラックです。

 

メロディなども分かりやすく、

サビもポップ調で、

EDMを聴いたことがない人でも聴きやすい曲になってますよ!!

 

 

 

 

 - EDM, 曲紹介